医療理念

MEDICAL PHILOSOPHY

言葉が話せない動物たちを病気から救い、
オーナー様の不安を解消して差し上げる事が
「栃木街道どうぶつ病院」の医療理念です

その為には、愛情をもって動物たちとオーナー様に接する事が大切であり、同時に最良の医療技術をもって病気に挑む事も重要であると考えております。今後もよりよい診察を目指して、オーナー様方ときめ細かいコミュニケーションを心がけてまいります。ご不明な点がございましたらお気軽にご相談下さい。

EBMの実践

人の医学では当たり前となりました Evidence Based Medicine(証拠に基づいた医療) を行っております。日々進歩する獣医学を学び続け、証拠に基づいた診断そして治療法をいち早く取り入れ、実践しております。

実際に、多くの獣医師の前で発表する学会報告や専門雑誌への投稿が緊張感を高め、獣医療水準を押し上げ、明日のあなたの動物の命を救う原動力となります。定期的学会発表や投稿はその為です。

これからも最新の獣医学を学び続け、当院の医療理念を基に、質の高い医療を提供し続けたいと考えております。動物たちと、オーナー様にとって快適な空間と最良の動物医療を提供出来るよう、スタッフ一同で精進してまいります。どうぞ宜しくお願いいたします。

診断に基づいた適切な治療

獣医学が進歩したアメリカの動物病院では、「診断に基づいた適切な治療」はごく当たり前の事です。「診断」しないで「とりあえず治療」をしてしまうと、結果的になかなか治らないという事もあります。 出来る限り、診断をつけてから適切な治療をしてあげましょう。

医療における物語と対話

NBM【Narrative Based Medicine】とは、医療における物語と対話の事です。

オーナー様との1対1の対話と、そこから生まれる信頼関係を大切にする事です。また、EBMとNBMはお互い相補うものだと考えております。

動物病院における接遇

自分自身の体調が優れず病院を受診した時の病院スタッフの対応は非常に重要です。

当院では、大手航空会社による接遇セミナーを受講し、今後もさらに洗練された接遇を実践してまいります。

※お気付きの点がございましたら、お気軽にお申し出下さい。

当院のコアバリュー

栃木街道どうぶつ病院のスタッフは、小動物診療を通じ、社会に貢献しようとする強い意志で結ばれています。

我々には、動物病院の正しい在り方を追求する気持ち、そして人間愛・家族愛・動物愛という不朽の原理を伝える心があります。

我々にはコアバリュー、ビジョン、ミッション、ストラテジーを指針に、自らの手によって動物たちとオーナー様そして動物病院スタッフの関係を強固なものへと創造し続けます。

行動規範

Core Values

・信頼に値する事

・動物たちとオーナー様に焦点をあわせる事

・お互いに尊敬しあう事

・自分に勝つ事

ビジョン

Vision

我々は、日本の動物病院の在り方に変革をもたらし、日本の数ある動物病院においてオーナー様から 最も信頼される病院となる。

使命

Mission

我々は、オーナー様の一人一人が動物たちの健康を得て、安心出来るように、最高のサービスを提供する事を使命とする。

戦略

Strategy

我々は、動物病院の真のプロフェッショナルであるスタッフを育成し、一人一人のオーナー様に対して ニードケア(必要な処置や対応)を行い、動物たちの誕生から最期(ゆりかごから墓場)まで一生涯にわたりパーソナルなサービスを提供する。

新患の方の多くが、当院のオーナー様や県内外の動物病院の先生方からのご紹介でございます。

今後もしっかりと誠実に診察させていただきます。

いつもご紹介いただきありがとうございます。

PAGE TOP