当院について

ABOUT

もっと身近で快適な動物病院を目指して

診療対象動物

犬、猫

得意分野

動物のガン/腫瘍

当院の特徴

インフォームドコンセントの徹底(図などを用いて詳しく説明いたします。)

●診察は家族の一員である動物たちに声をかけながら、体温測定・触診・聴診などをしています。

院内は常に清潔を心掛けております。

●動物の「ガン/腫瘍」に関して専門的な診断・治療をいたしております。

さらに高度な検査・治療が必要な場合には、大学病院・高度医療施設へご紹介いたします。

当院の医療理念

言葉が話せない動物たちを病気から救い、オーナー様の不安を解消する事が「栃木街道どうぶつ病院」の医療理念です。

その為には、愛情をもって動物たちとオーナー様に接する事が大切であり、同時に最良の医療技術をもって病気に挑む事も重要であると考えています。今後もよりよい診察を目指して、オーナー様の皆様ときめ細かいコミュニケーションを心がけていきます。ご不明な点がありましたらお気軽にご相談下さい。

受付について

診察は予約制ではございません。受付された順番でお呼びしております。

・開院前の受付順番を明確にするために、診察時間開始の約30分前(8:30頃と15:00頃)より外待合に「受付ボード表」を設置しておりますので、ご記入してお待ち下さい。

※開院前の受付順番は、駐車場に入ってきた順番ではありません。

「受付ボード表」に名前を記入した順番です。譲り合いの気持ちを大切にお願いします。

時間について

診療時間

 午前の部 9:00~12:00

 午後の部 15:30~19:00

 

診察券の受付時間

 
午前の部 9:00〜11:30休診
手術/検査 12:00〜15:30手術手術手術休診手術手術休診
午後の部 15:30〜18:00休診休診
午前の部 9:00〜11:30
休診
手術/検査 12:00〜15:30
手術手術手術休診手術手術休診
午後の部 15:30〜18:00
休診休診

日曜日は終日(午前/午後)休診日となります。

「診療時間」と「診察券の受付時間」は異なりますのでご注意下さい。

12:00から15:30までは「手術時間」の為、留守番電話による応対となります。

混雑する時間帯

 午前の部 11:00〜12:00

 午後の部 18:00〜19:00

※診療時間を過ぎますと検査が出来なくなる事がありますので、お早めにご来院下さい。

アニコム窓口精算について

当院は「アニコム保険」加入病院です。アニコム加入者の方はご来院時に必ず「アニコムカード」をお持ち下さい。

また、受付の際には必ず「診察券」が必要となりますので、忘れずにお持ち下さいますよう、よろしくお願いいたします。

※「診察券」がない場合は、処理にお時間がかかってしまうのでご注意下さい。

オーナー様へのお願い

下記に当てはまる方は、午前の受付は10時まで、午後の受付は16時までのご来院をおすすめいたしております。

・検査(検査内容によりお時間がかかるため)

・具合/調子が悪い(検査や治療を必要とする状態)

・幼齢/高齢の犬と猫

・ワクチン接種希望(アレルギー反応が出た場合の備えとして)

・初めて当院を受診される方(診察券やカルテを作成するため)

休診日について

日曜・木曜は終日(午前・午後)休診となっております。

祝日は午後より休診となります。

 お薬やフード切れなどに、どうぞご注意下さい。

ひとくちメモ

ワクチン接種は人間の小児と同様に「午前中」に接種する事をおすすめいたします。

特に短頭種(パグなど)・肥満ぎみな動物たちは熱中症になりやすいので、涼しい時期や時間帯がおすすめです。

ご来院される際の注意点

・近隣の方のご迷惑となりますので、ウンチ・おしっこは済ませてからご来院下さい。

・4月~6月(予防シーズン)、GW、お盆休み前後、年末年始、土曜日は大変混雑しています。

 比較的空いている平日のご来院をおすすめいたします。

 駐車場(30台完備)を用意していますが、お時間には余裕を持ってご来院下さい。

・初診の方で仔犬と仔猫、また感染の疑いがある場合は受付後、お車の中でお待ち下さい。

・逃走防止の為、わんちゃんは「首輪はゆるくないか」「リードが細すぎないか」を確認して下さい。

 ねこちゃんは「ケージやキャリーバッグ、洗濯ネットに入っているか」を確認して下さい。

・状態が悪い場合や検査をご希望のオーナー様は、午前10時、午後4時までの受付をおすすめしています。

以上5点に注意してご来院下さい。皆様のご理解・ご協力を何卒よろしくお願いいたします。

検査や治療について

当院では、検査や治療を行う前に「選択肢」と「見積もり」を提示し、今後の方法性をオーナー様と一緒に決めています。また、病気の治療は動物たちとオーナー様に負担の少ない内科治療から始める事をポリシーとし、それでも良くならない場合などに外科治療(手術など)をご提案させていただきます。

PAGE TOP